お助け!水漏れ修理業者6選

ホーム > 水漏れの修理について > なぜ9年目に水漏れ業者から見積もりを出してもらうべきか

なぜ9年目に水漏れ業者から見積もりを出してもらうべきか

 水道のトラブルが発生した時は、基本的には専門業者に訪問してもらう事になります。
水漏れが発生している箇所を確認してもらい、専門業者に修理を行ってもらうのが一般的です。
ところで修理の料金は、専門業者によって異なります。
その料金は、業者を選ぶポイントの1つになる事も多いです。
水漏れのトラブルですと、たいてい修理料金は4000円台になります。
しかし4000円は、あくまでも目安です。
水が漏れている状況によっては、更に料金は高めになる可能性もあります。
正確な料金は、業者に確認してもらわないと分かりません。
まずは業者が現場の状況を確認した上で、作業料金や材料費などを算出するのが一般的です。
そして多くの業者は、算出した料金を見積書で明示してくれます。
その見積書を比較して、業者を選ぶのが一般的です。

 ところで、いざトラブルが発生してしまうと、そもそも業者の比較自体が難しいケースがあります。
一刻も早い対応が求められるからです。
水が漏れてしまった場合は、とにかく急いで修理する必要があります。
水が漏れている状態を放置してしまうと、どんどん料金が加算されてしまうからです。
水漏れの時間が長引きますと、水道料金は数万円ぐらいになってしまう可能性もあります。
急いで修理が必要な状況ですと、とても見積もりを比較する余裕はありません。
多くの業者は速やかに訪問してくれますが、一刻も早く修理する必要がありますから、見積書を比べる余裕が無いケースがほとんどです。
しかし、それもタイミング次第です。
早めに対応しておけば、各社の見積もり内容をじっくり比べる事はできます。
基本的には、トラブルが発生する前に見積もりを出してもらうのが無難です。

 例えば築年数が9年目の建物です。
そもそも水道の設備には、耐用年数があります。
ずっと使い続けられる訳ではなく、ある程度古くなってしまいますと、限界を迎えてしまう訳です。
限界が来れば、水漏れが発生する確率も高まってしまいます。
水道の設備ですと、10年目が1つの目安になります。
つまり築年数が10年目の建物ですと、トラブルが発生する確率も高まっている訳です。
しかし9年目というタイミングなら、比較的余裕があります。
1年後にはトラブルが発生する可能性はありますが、少なくとも各社の見積もり内容を比較する余裕はあります。
一旦トラブルが発生してしまうと、とても見積もり内容を比較する余裕はありません。
ですから築年数が9年目を迎えたあたりで、水道の各業者から見積もりを提示してもらうのがおすすめです。

次の記事へ

先頭に戻る